ステーキの焼き方 大集合

定番

  • ミニ七輪に備長炭を入れて、弱火で半生に。塩、コショウのみで状態いただきます。

  • オーブンで焼きます。

  • 我が家ではステーキを焼く時、まずフライパンを熱してから”ラード”をいれます。そしてお肉を入れたら強火でが〜っと表面に焦げ目がつくまで焼きます。アルミホイルを広げておいてその上に焼いたお肉をのせてクルクルとアルミホイルで巻いてしまいます。更にそれをタオルで巻いて1分ぐらい置いておきます。1分ぐらいたったら全部はずしてから食べます。こうすると外側は香ばしく中側はしっかりと暖かいジューシーなステーキになります。ちなみに焼き時間を少しだけ多くして巻いてからの時間を長めにするとロースとビーフの様な出来上がりになって、これはこれで美味しいです。

  • 私は網焼き専門です。焼き網をよーく焼いておいて、ちょっと高価な塩胡椒をミルでがりがりっとふりかけたお肉をじゅっと乗せます。あくまで強火で、いーい香りがたったら裏返して20秒。両面焼いても1分半かけないのが最高においしい焼き上がりですよ。

  • ステーキは振りながら焼くと、まんべんなく美味しく焼けます。

  • 蓋をつかうこと!はじめに強火で両面に焼き色をつけたら、後はとにかく中火で密封します!とても柔らかく焼けるよ!

  • 焼く30分前には冷蔵庫から出すフライパンは家にある一番厚手のものを使用。ひく油はサラダ油系+バターを半量づつにすると良い。まず、ごく弱火でスライスしたガーリックを炒め、ガーリックチップにして取り出す。そのフライパンを煙が出るくらいまで熱してから塩コショウした肉を焼くこと。肉汁が浮かんできたら裏返す。ホテルの鉄板焼きのシェフに教えて頂いた家庭でもできるワザ(?)です。本当においしく焼けますよ。

  • 表面焼いて、裏面焼いたら、フライパンを濡れ布巾に乗せて適度に温度を落ち着かせて、肉汁を落ち着かせるぐらいです。味付けは塩コショウだけ!

裏技

  • 鉄の鍋で焼くと焦げ目がこうばしくてとてもおいしいです。鉄板があれば鉄板にのせて食べるとお肉の焼き具合が、食べるごとに変わって楽しめますよ!

  • キッチンペーパーで1日包んで、血を抜いてから焼いたら美味しい気がします。

  • うちはホットプレートしかないので、おいしく焼くのに苦労しますが、野菜などを下に敷いて焦げ付かないようにじっくりと焼いております。

  • 焼く前にマヨネーズを薄く全体に塗り、一晩置く。マヨネーズを落としてから普段どおりに焼くと安いお肉でも驚きの美味しさとやわらかさになります

  • いつもはフライパンでなく魚焼きグリルで焼いて油を落として焼いてます。

  • 蒸し焼きにする

  • 姉から教えてもらった方法です。赤身肉は焼きすぎると硬くなるから…ということで、鉄板で表面に焼き色をつけたら、すぐにアルミホイルで包み、炭火のアミ焼きでじっくり火を通します。ジューシーで柔らかな歯ごたえ)^o^(、赤身の美味しさを堪能できますよ。

  • 常温で30分おいてから焼く。

  • 和牛の牛脂だけで焼く。

  • 赤身が多い場合は周りをベーコンで巻いて焼く。

  • 堅い肉は重曹を溶かした水に15分つけてから焼く。

  • ホットプレートにニンニクいっぱいのせます。塩コショウを直前にふったお肉をバターで両面を軽く焼き、その後は赤ワインをかけて蓋をして軽く蒸します。ワインの汁気がなくなればオーケー。赤ワインは安いものでも、日が経ってしまったものでも大丈夫。充分おいしくいただけます。お肉はミディアムに仕上がり、お店にも負けない味に変わります。出来立て熱々を食べられて、ホットプレートなので、その後も自分で焼き具合も調節できます。いつまでも冷めずに美味しいですよ。(注意:焼き上がったら必ず、一旦はお皿に取りましょう。こんがりタイプ好きの方なら大丈夫ですが、ホットプレートに乗せたままではお肉が硬くなってしまいます。)

  • 石を炭火で焼いておきその石熱を利用してステーキをさっと焼く

味付け派

  • にんにくをスライスして一緒に炒めますね。これでおいしさアップ!です。

  • 楕円形のステーキパンでささっとお肉を焼いた後、パンを洗わずに、生のマッシュルームをオリーブオイルでいため、最後に生わさびとお醤油をからめて付け合わせの一つにしています。とにかくお肉が大の大好きなので、付け合わせはサッパリ目に心がけています。ポテトやにんじんはあらかじめゆでるだけで、カロリーを減らすために工夫したのが始まりです。

  • にんにくチップを乗せてワインを入れて焼き上げるとサイコーです!

  • 我が家でも種々試したが、誰にも好まれる最も美味しい食べ方は次のとおり。生のステーキを約30分間しょう油にひたす。油をひいたフライパンで片面を強火で焼き、その間に上面に塩コショウを振る。焦げ目がついたらひっくり返し、焦げ目の面にバター(またはマーガリン)をのせる。焼き加減は好みで(なるべくミディアム)大根おろしと辛子をそえて、つけあわせとして人参グラッセといんげんのバターいためをのせる。ソースは出てくる肉汁をかけるだけ。

  • 生ステーキ肉に少量ヨーグルトを染み込ませます。そしてガーリックスライスを載せて焼くと、柔らかく香り高いステーキ料理を楽しむことができます。

やわらか派

  • 特売のお肉を購入した時は、オリーブオイルをぬって焼きます。柔らかく、ジューシーに焼きあがります。

  • タマネギをすったやつを袋に入れ、そこにお肉を入れ1日寝かせます。タマネギに入ってる酵素で柔らかくなるそうですよ☆後は初め強め、両面焦げ目がついたら火を止め3分間フライパンの蓋をしたまま余熱で火を通します☆

  • たまにフライパンにビールを入れて蒸発させてから肉を焼き始めています。
  • 臭いけどやわらかくなります。

  • 片栗粉をつけて焼く。やわらかくなり、臭みもなくなる。

  • ステーキは、前日に重曹に漬けておく(肉が軟らかくなる)そして、焼く時は1度強火で周りを固めて旨さを閉じこめたら、一度火から下ろし、ぬれぶきんでフライパンの熱をしっかり奪ってから、弱〜中火でじっくり温めていく。

  • りんごをすりおろしたところにステーキを30分ほど漬け込んでから強火でささっと焼きます!

  • コーラに一時間漬け込んでから焼いてます。とてもやわらかくなります。

  • 焼く前にキウイの薄切りに漬けておきます。肉がやわらかくなるそうです。
what's new

商品カテゴリー

オージービーフについて

利用案内