オージービーフの安全性

オーストラリアの広大な大地で育ったオージービーフ

オーストラリアの面積は769万平方kmと日本の約20倍。その広大な大地で約2,800万頭のオージービーフが育てられています。

農場の広さも日本とはケタ違い。ですからちょっと見ただけででは「牛はどこにいるの?」と思うほど。きれいな空気と水に恵まれた広々とした自然の中で、健康な牛が育てられています。



オージービーフの安全性

オーストラリアはこれまでBSEの発生は一度もありません。BSEや口蹄疫(こうていえき)に関しては発症のリスクが最も低い国として、国際機関から最高レベルの認定が与えられています。



これらを保ってきたのは、世界に先駆けて以下の3つのことを徹底してきているからです。

  1. 世界トップクラスの厳しい品質保証制度と、
  2. 官民一体で取り組む牛の移動履歴追跡システム、トレーサビリティ。
  3. それらのシステムが遵守されているかを確認する監査システム。


全ての牛につけられるタグ


what's new

商品カテゴリー

オージービーフについて

利用案内